後期医療見直し案

後期医療(後期高齢者医療制度)の抜本見直しが
はじまろうとしています.

後期医療見直しについて,舛添要一厚生労働相は
「職業をもつ75歳以上の人は,それまで入っていた
健康保険組合などに引き続き加入できる」
というように手直しする案を例示しています.

しかし9月26日,民主党厚生労働部門会議では
「舛添案では,裕福な高齢者だけが優遇される.
これは新たな差別を生み出すものだ」
との批判が相次ぎました.


posted by kokiiryo at 00:50 | 後期高齢者医療制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

後期高齢者医療制度とは

「後期高齢者医療制度」は,平成20年(2008年)4月
からスタートした、新しい医療制度です.

75歳以上の高齢者を「後期高齢者」という層として
独立させ,新しい保険システムのもとに組み入れる
のが後期高齢者医療制度です.
(一方,65 歳〜75歳未満の高齢者は「前期高齢者」
に分類されます)

この後期医療制度の発足によって,「後期高齢者」は
国民健康保険やサラリーマンの健康保険などの医療
制度に入りながら,老人保健制度からも医療を受けられ
るという現行システムから脱退し,新たに「新制度」
に加入することになります.

なお,「後期高齢者」という名称が不評だったため
「長寿医療制度」という名前で厚生労働省はPRして
います.
posted by kokiiryo at 12:26 | 後期高齢者医療制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。